かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

言葉にしてもしなくても

なぜか私はデートの直後に一層恋しさが募り、
一番構ってちゃんになる。


逆にトシは、これで当分満足!とばかりに
連絡の頻度が減りがち。


このギャップは以前から感じていたが、
感覚の違いだからどうしようもない。



が、今回はデートの翌日から3日程、
朝私がいれた「おはよう」の挨拶にさえ
返事が来ない日が続いた。


さらに極めつけは、
二晩続けて「おやすみ」の後に私がつけた
「愛してる」に返事がなかったこと。


ここに至って、
私のネガティブ妄想に火が点いた。



もしかして、この間のデートで私、
何かやらかした…?


夜勤明けだったのに、私が纏わりつて
余計疲れさせちゃったから…?


そういえば、帰りの車の中も
トシはいつもより無口だった...。


もう愛してない、ってこと…?



こうやって書いていても、
被害妄想丸出しの単なるいじけだ
ということがよくわかる。


でも、一旦しなくてもいいような心配をし出すと
自分で自分を追い込んでしまうのだ。


日頃、何でもポジティブに捉えよう!
などとエラそうなことを言っているのが嘘のよう。


恐らくこういうときの私は、
女性脳が前面に押し出されているのだと思う。



そして月曜日の夜。


ついに妄想水位(?)が危険水準を超え、
堤防が決壊。


真夜中に


「愛してる、に返事がないのは、
もう私に対してそういう気持ちが
なくなってしまったからなのかな…。」


「どうやったらまたトシに
愛してるって言ってもらえるのか、教えて」


などとウザいLINEを連発してしまった。



送ってしばらくしたら少し気持ちが落ち着いて
やっぱりあんなLINEするんじゃなかった、と後悔。


見てみたらまだ既読になっていなかったので、
慌ててメッセージを削除した。


が、削除したらしたで、
「○○がメッセージを削除しました」
などと余計な表示が。


これ、余計ウザいパターンじゃ…?!


と思ったもののどうしようもなく、
その日は悶々としながら眠りについた。



翌朝、トシから電話。


T:「昨日の削除、何だったの?」


K:「私が勝手にウジウジしてただけだから、
忘れて…。」


T:「いいから、言ってみな。
ちょっとでも引っかかってることがあるなら
ちゃんと話さなきゃダメだよ。」


そこで、恐る恐るトシに話してみた。



T:「な〜んだ、そんなことか!」


ウザい!と怒られるかな、
と思ったので、そのトシの第一声にホッとする。


T:「今、オレ夜勤してるでしょ。


かすみがおやすみのメッセージを送ってくれるときは
完全仕事モードなんだよ。


従業員が寒い中必死に作業してくれてるときに、
コッソリ女に「愛してる」なんて返事してる社長、
ダメじゃん。」


K:「確かに…。」


T:「それに、多少連絡が滞ったとしても、
それは単に仕事で頭がいっぱいってだけだから。


よく女性は、
「LINEや電話する、1、2分の時間もないわけ?!」
って怒るよね。


そりゃ、時間はあるよ。


でも、男は不器用だから、何かに集中してると
頭がそういうモードにならないんだ。


そんなときに、寂しいだの、
もっと連絡くれだの言われても、
そうか、申し訳ないな、とは思わない。


もしろ、こっちが必死に仕事してるときに
何を下らないこと言ってんだ!と思う。」


K:「女性はどうしても、
好きな人のこと四六時中考えちゃうから…。」


T:「それが女性ってものだから、
仕方ないんだろうな。


でも男にも同じように思え、
と求められても困る。


だったら逆に女性にも男のように
頭を切り替えられるようになれよ、
と言いたい。」


K:「そっか。そうだよね。」


T:「オレは、一度好きになった相手のことは
そんな簡単に心変わりしないよ。


例えば最初の好きな気持ちが10だったとして、
段々落ち着いて2とか3とかになっても、
好きは好きだから、
付き合っていたいと思う。


それに、10の気持ちが
ずーっと10ってことないでしょ。


時に2や3まで落ちたり、
また8や9まで上がったり。


極端な話、ゼロかマイナスにならなきゃ
いいんだ。」


K:「私の気持ちは10から一向に
下がりそうにないんだけどなぁ。」


T:「それはそれで光栄だけど(笑)


あと、もしかすみに対して
ここはイヤだなとか直してほしい、
と思うことがあったら、ちゃんと言うよ。


黙って急に離れたりすることは
絶対にない。


何度も同じことを言っても直らなかったら、
あ、こいつはダメだ、
と諦めるかもしれないけど。


それでも、他にプラスの面が1つでもあれば、
離れたりしない。


突然放り出すなんてこと、絶対しないから。」


そのトシの言葉が、ストンと心に落ちた。


そっか。


何も心配しなくていいんだ。


トシはそういうなら、それは絶対だから。



K:「ありがと…。安心したよ。
ごめんね、ウジウジ言って。」


T:「ま、かすみに説教するのも
オレの楽しみのひとつだからいいんだけどね(笑)


だいたい、もう1年以上も付き合ってるんだから、
今さら愛してるなんて言わなくても、
わかるでしょ?」


K:「もちろん、トシが私のこと愛してくれてて
大切にしてくれてるのはわかってる。


でも、たまには言われてみたいんだもん!」


T:「乙女みたいなこと言っちゃって(笑)」


最後はお互い笑って電話を切った。



そして昨日の夜。


私が寝る前に
「今日も寒い中、お仕事お疲れさま。
おやすみなさい」
とLINEを入れると、
間髪おかずトシから返信が。


「ありがとう。おやすみ。」


そして


「あ い し て る よ」


嬉しくて嬉しくて、涙が出そうになった。


K:「きゃ〜♪嬉しい!
ありがとう〜!!」


T:「大サービス。
しょっちゅうは甘やかさないからね(笑)」



そんなことを言ってても、
トシはやっぱり優しい。


そして、私はこんなにも愛されている。


迷うことなく、
トシとの愛を穏やかに大切に育んでいこう、
と改めて決心した。



暑苦しいカップル

先週は比較的暖かい日が続いていたが、
今週は再び寒気が強まるらしい。


1月から2月にかけての頃が
一年でも一番寒い時期だから
これが通常なのだろう。



私は夏の暑さには滅法弱いが、
寒さには強い。


外気温がマイナスになるとさすがに
寒いな、と感じるが、
一桁程度なら全く平気。


いわゆるババシャツも着ないし、
ダウンコートも滅多に登場しない。


先日、数年ぶりにユニクロで
ヒートテックのインナーを買って着たら
暑すぎて途中で脱いでしまったくらいだ。



寒さに強い一因は、
体温が高いことかもしれない。


私の平熱は、36.7℃ほど。


この冬インフルエンザの予防接種を打つ前に
検温をしたら37.1℃で、
危うく受けられないところだった。



そしてトシも、私に輪をかけて暑がりで、
体温も高い。


真冬でもジャケットの下は、ほぼ半袖。


冬にピッタリとくっついていると、
まるで湯たんぽに抱きかかえられているみたいだ。


体温が高めの私が暖かい、と感じるのだから
相当だと思う。



そんな二人がベッドで組んず解れつ(?)すれば、
当然暑くなる。


終わった後、トシは必ず汗びっしょりだ。


その汗だくのトシの熱い身体を
同じく汗ばんだ私の身体で受け止めるとき
えも言われぬ一体感を覚える。


身体中から湧き出る体液が混じり合うことで
二人の境界線が溶けていくように感じるから。



ぬるめのシャワーを浴びて汗を流し、
再びベッドに横たわる。


まだ二人とも身体が火照っているので、
手だけ繋いで。


T:「まだ暑いな」


K:「うん、エアコンつけたいくらい(笑)」


T:「女性は寒がりは人が多いから、
たいていオレとは合わないんだけど、
かすみとは、こういう温度感覚も合ってるから
居心地いい。」


K:「二人とも体温高めだしね。」


T:「暑苦しいカップルだ(笑)」


K:「一緒の老人ホームに入って、
80歳90歳になってもイチャイチャして、
物理的にも暑苦しいカップルになろうね(笑)」


T:「うん、楽しみだな♪」



俗に体温が一度高いと免疫力が30%アップする、
と言われている。


その理論でいくとトシと私は、
免疫力が強めで長生きできるに違いない。


老人ホームで名物になるような暑苦しいカップルも
きっと夢ではないと思う。

当たり前の幸せ

前回の記事で、金曜日にトシと会う、
と書いたが、水曜日の夕方に、
T:「もしできたら、明日に変更してもいい?」
とトシから連絡が。


今までも日程変更をお願いされたことは
数回あったが、
私は理由を尋ねないことにしている。


ほぼ間違いなく仕事の都合だろうし、
時間に余裕のある方が相手に合わせるのは
当然、と思っているから。


それにむしろ、
一日早くトシに会えることは
私にとっても喜ばしいことだ。



いつもの場所で9時半に待ち合わせ、
トシの車に乗り込んで二人だけになれる場所へ。


トシは年が明けてからも
ずっと夜勤が続いている。


この日も7時過ぎに自宅に戻って来て
そのまま寝ずに会いに来てくれた。


寝不足のトシに
少しでもゆっくりしてもらいたいから、
夜勤のときはお部屋デートと決めている。



お部屋に入ってコートをかけたり
荷物を置いたりして落ち着くと、
ソファに座ったトシが両手を広げて
「かすみ、おいで」


その腕の中に飛び込んで、
ギュッとしがみつく。


この瞬間が、本当に幸せ。



トシの首筋に鼻を擦り付けたり
耳たぶを唇でついばんだり。


T:「昔飼ってた
手乗り文鳥の次郎そっくりだ(笑)」


笑いながらトシが私の顔を両手で包み込み、
ゆっくりと優しいキス。


キスが段々激しくなるにつれて、
私の身体も火が点いたように熱くなる。


その先はもう、
トシの与えてくれる快感に翻弄されるしかない。



気が付いたらベッドの上で、放心状態。


瞼を開くことすら億劫なくらい、
全身が快感の名残で気怠い。


そんな私を優しく見つめるトシ。



T:「今日も激しく感じてたね(笑)」


K:「…だって、トシのせいだもん。」


T:「オレがかすみを開発したんだね。」


K:「そうだよ〜。
こんな風になっちゃって、
どう責任とってくれる…?!」


T:「これで別れるなんていうことになったら
『どう責任とってくれるの』
と言われても仕方ないけど、


オレはかすみとずっと一緒にいるんだから、
問題ないでしょ?」



ずっと一緒にいる。


それを当然のことのように口にしてくれるトシに
胸がキュンとなった。


そっか。


もう、二人が一緒にいることは当たり前なんだ。


トシの腕に包まれて微睡みながら、
この上ない安心感と幸福感に満たされた。