かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

〆は笑顔で

トシとの付き合いの中で

決めているマイルールの1つ、

「〆は笑顔で」


日々の電話も、最後は笑いで終える。


LINEのやりとりも、

最後は笑顔のマークを送り合う。

(これは♡での〆の方が多いかも(笑))


デートの時も、最後は笑顔で手を振り合う。



電話を切るとき、

LINEのやりとりを終えるとき、

ましてやデートの最後は、

寂しくない訳はない。


特に1日身も心も寄り添った後、

それぞれの家に戻らなくてはならないときは

寂しさと切なさで心が痛む。


でも、私は多少無理をしてでも

トシの車から降りる時は

「じゃあ、またね♪」

ととびっきりの笑顔を見せるようにしている。



なぜなら、いつでもこれが

お互い最後の見納めかもしれない、

と思っているから。


日常生活では、当たり前に

明日があることを前提に

計画を立てたり行動したりする。


でも実際は、誰にも明日の保障などない。



大げさな考え方かもしれないけれど、

私は交通事故、天変地異、テロなど、

大きな事件や事故が起きる度に、

もし自分や自分の大切な人が

巻き込まれていたら、

と考えてしまう。


巻き込まれて命を落とした方達も、

今の私たちと同じように、

「まさか自分が」

と思っていたに違いないのだ。



トシとだって、

永遠とまでいかなくても、色々な事情で

しばらく会えないこともあるだろう。


そんなとき、最後にトシが見た私の顔が

泣き顔や怒った顔だったら、イヤだ。


だから、デートの最後は必ず笑顔で〆る。


次に会えるときまで、トシの心の中に

とびっきりの笑顔の私がい続けるように。

人生イロイロ、恋もイロイロ

みなさんのブログを読ませて頂いていると、

恋愛って本当に色々だなぁ、と実感する。


近距離で毎日のように会える方もいれば、

遠距離で年に数回会えるかどうかの方もいる。


毎日のように連絡を取り合う方もいれば、

連絡の間隔が数週間空く方もいる。


ごく普通のカップルのように

デートできる方もいれば、

二人きりになれる場所でしか

会えない方もいる。



自分と違う恋愛事情、

中でも自分が「こうなりたいなぁ」と

憧れるような恋愛を綴ったブログを読めば、

羨ましい、と思う気持ちが出て来るのは

当然のこと。


毎日連絡が来る人

彼に愛の言葉をたくさんもらえる人

しょっちゅう会える人


逆の立場から見たら羨ましいを通り越して

「なぜ自分はそうじゃないのだろう?」

と悲しくなってしまうかもしれない。



でも、

毎日連絡がある、

しょっちゅうデートできる、

愛の言葉が多い、

イコール「彼の愛情が多い」

という単純な計算は成り立たないと思う。


連絡を取り合う頻度や愛の言葉の量は

単純にその人の性格や嗜好によるものだから。



例えば、連絡の頻度に付いて考えてみる。


自分自身が毎日1、2回連絡を取る程度がいい、

と思っているとして。


もし相手に

「愛していたら5分毎に連絡できるはずだ!」

と言われたらどうだろう?


(分かりやすくするため、

例を極端にしています(笑))



最初は相手の希望に合わせようと

頑張るかもしれない。


でもその内無理が続いて

「もう勘弁して!」

と悲鳴をあげるのは目に見えている。


更には、自分の基準を押し付けて

連絡を強要する相手を

憎むようにさえなる可能性がある。



デートの頻度にしても同じ。


忙しさも日常生活のパターンも

一人一人違うのだから、

当然デートの時間を捻出できる余裕幅も

人それぞれ。


ひとつ確かなのは、

仕事や家庭、付き合い、自分の自由時間など

色々と他にすべきこと、したいことがある中、

会うための時間を作り出している、

ということ。


この事実自体が愛情の表れであり、

頻度や時間は全く関係がないはずだ。



愛の言葉に関しては、

女性は言われる方が

もちろん嬉しいし心地よい。


が、例えばホストなど、仕事と割り切って

甘い言葉を口にすることができる人もいる。


そこまででなくとも、

彼女が拗ねるから、

あるいは言ってと何度もせがまれるから、

仕方なく口にする男性も

少なくないに違いない。


つまり、「愛している」「君だけだ」

と何度言われようと、

これまた100%愛情の証明とはならないのだ。



大切なのは、自分が今置かれている現状を

受け入れること。


そして、人と比べないこと。


様々な事情や状況や考え方や嗜好があり、

付き合い方に正解はないのだから。


某有名詩人の言葉ではないけれど、

「みんな違って、みんないい」

のだと思う。

<<恋の忘備録>>AV男優が教える「最中の極意」

ここ何年か、

夏になるとSEX特集号を出しているanan。


ファッション誌にSEXの体位や

テクニックが載るのだから、

すごい時代になったと思う。



私はこの特集号を買ったことはないが、

こういうHow toを読むのは結構好き(笑)。


こちらの記事は、

人気AV男優として著書もある森林原人さんが

ananのウェブサイトに書いたもの。


女性向けの「最中の極意」が紹介されている。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【言葉編】

極意1:いつもと違う言葉づかい

「やめて…ください」「恥ずかしい…です」

など、最中についつい出ちゃった敬語は、

男をムラムラさせるのに有効。

また、普段標準語で話している地方出身者が、

最中だけ方言を使うといったギャップも、

行為に溺れて理性を失っている感じで

ぐっときます。


極意2:無言と間をうまく使う

行為中にあまり長い言葉を喋ると、

冷静に見えてNG。

「気持ちいい」などのシンプルな単語を

反復させるのが効果的です。

さらに上級者なら、

「気持ちいい、気持ちいい、

………あっ気持ちいい!」

のように、無言や間を挟んでいくと、

より感じている感が出ます。


極意3:イクときは必ず申告せよ

もしイキそうだという場合は、

その状況を最大限活用。

男としてはイク前、イク瞬間、イッた後、

3回にわたって楽しめるので、

「イキそう」「イク」「イッちゃった」

は必ず言葉で表現して。

ただ、イク演技をすると、

女性のほうがイキづらくなってしまうので、

こだわりすぎないこと。


【行為編】

極意1:髪も汗も乱れるままに

セックス中に髪をかきあげる女性がいますが、

冷静な感じがして男としては盛り下がります。

AVでも髪のかきあげは禁止されているほど。

汗もよだれも涙も全部を出して、

なりふり構わず乱れてくれたほうが、

すべてを委ねてくれた気がして、

愛おしくなります。


極意2:目は開けておく

どの体位のときも

相手の目を見つめることを心がけて。

目を見ているというのは

相手ときちんと向き合っている証拠。

名前を呼んであげると、

相手の集中力を高めることができます。

ただし、

この人いつイクんだろう的な観察の目は

プレッシャーを感じるので×(笑)。


極意3:腰を反らす

体位もできるだけエロいほうがベター。

例えばバックの場合、

腰を反らしてお尻を突き出したほうが、

くびれができてお尻もきれいに見えますし、

挿入部が見やすくて男は興奮します。

騎乗位のときも反らすのがおすすめ。

ただし、奥に当たりすぎて痛いようなら無理せずに。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


男性と女性とは、

SEXに対する嗜好も当然違う。


この記事の中で私が驚いたのは、

「AVでも髪のかきあげは禁止されている」

という部分。


トシもよく、

T:「我を忘れるほど乱れてくれる方が、

オレも嬉しい。」

と言っている。


女性にしたら、髪をかきあげないはともかく、

汗も涙もよだれも垂れ流しはちょっと‥‥、

と思ってしまうが、

男性の萌えポイントがそこにある、

と知っておくことは何かしら役に立つかも。



トシとのSEXは、

身も心も蕩けるほど気持ちいい。


トシが私を気持ちよくしてくれるように、

私も少しでもトシに気持ちよくなって欲しい。


そして、身も心も私の虜になって欲しい。


そのためにも、

たくさんお勉強しておかなくては♪