かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

12時間の温もり

一昨日の夕方、トシからLINEが届いた。


T:「明日、かすみはどんな予定?」


これは、トシからのデートのお誘いの定番フレーズ。


ストレートに「会える?」ではなく
まずは私のその日の予定を確認してくれるのだ。



K:「特に何も予定はないよ。」


T:「すごく急だけど、明日空けられそうだから
かすみが良ければ、会おう。」


K:「もちろん!嬉しい〜♪」


T:「何時から何時まで大丈夫?」


K:「朝10時以降、エンドレスで大丈夫(笑)」


T:「よし、じゃあ朝10時に会って、
できるだけずっと一緒にいよう。」



トシに会うのは、約2ヶ月ぶり。


もうすぐ会えるとわかっていたけれど、
来週くらいかな、と思っていた。


降って湧いたようなデートのお誘いに
嬉しくて嬉しくて、踊り出したいくらいの気分だ。


夜留守にするための夕食の段取りと
デートに持って行くお昼のメニューを考えつつ、
着て行くものや身だしなみのチェックも同時に行う。


この恋愛中の女性が持つマルチタスク能力、
上手く他で生かせたら世の中ずいぶん効率的になるのにな、
といつも思う(笑)



そして迎えた昨日の朝。


いつもの待ち合わせの駐車場に停まっている
トシの車を見ただけで、
心臓の鼓動が倍くらいになる。


私が車を停めようとしているすぐ近くまで
車を動かして、
私がドアを開けるやいなや、
傘をさしかけてくれるトシ。



思わずそのまま、
トシの身体にギュッとしがみつく。


K:「会いたかった…。」


T:「オレも。長く待たせてごめんね。」


強い力で私を抱きしめた後、
頭を優しくポンポンと撫でてくれる。


その手の温もりを感じただけで、
2ヶ月会えなかった寂しさもどこかへ吹っ飛んでしまった。



途中のコンビニでビールやお茶などを買うのが
いつものパターン。


でも今回は、それに加えて
トシがちょっと摘めるお菓子などもカゴに入れていく。


それもかなりの量だ。


T:「かすみも、何か欲しいものあったら入れて。」


K:「うん、でも、そんなに食べられないよ。」


T:「今日はエンドレスで一緒にいるんだろ?


お昼はかすみが用意してくれてるけど、
途中でお腹空くかもしれないじゃん。」


一体何時間一緒にいてくれるつもりなんだろう?
と嬉しくてたまらない。



結局一緒にいたのは、朝10時から夜10時まで。


しかも、二人きりで籠りっぱなし(笑)


今までどこかに出かけて一日一緒にいたことはあるが、
お部屋デートで12時間は最長記録だ。



トシと私は一緒にいる間、テレビを見ることもなく、
ましてカラオケやゲームをすることもしない。


ひたすら抱きしめ合って、キスをして、顔を見て微笑んで。


とりとめもなくおしゃべりをして、
お互いの温もりを感じながら微睡んで。


12時間中最低でも10時間は、
どこかしらお互いに触れていたと思う。



T:「かすみにこうして触れているときが、
一番癒されるし幸せだよ。」


それは私も全く同じ。


愛する人の肌に触れ、温もりを感じる。


これ以上の幸せは、この世に存在しない。


それを再確認できた2ヶ月ぶりの逢瀬だった。

私感謝デー

昨日は仕事もお休みで、
珍しく外出する予定もない一日だった。


そして外はあいにくの雨模様。


普段は家にじっとしているより外に出る方が好きだが、
こんな日は逆に、
家に籠ることをとことん楽しむことにしている。


名付けて、「私感謝デー」(笑)



「私感謝デー」の仕込みは、前日から始まる。


まず、夕食の下準備。


カレーやシチューなど、
当日温めればいいだけのメニューを
作り置きしておく。


夕食の買い出しの際、
デパ地下のお惣菜でもいいし、
ちょっと高級なレトルトなど
自分のランチも確保しておく。


ついでに、スイーツもあればなおよし。



そして感謝デー当日。


家族を送り出し、最低限の家事を済ませたら
夕方までの時間は全て、自分のもの。


お風呂にお湯を溜めつつ、
丁寧に入れたコーヒーを一杯飲む。


お風呂の用意ができたら、
牛乳を一本丸ごと投入して牛乳風呂に。



牛乳風呂は冷え性改善、美肌、ストレス解消などに効果的で、
かのクレオパトラも愛用していたとか。


実際、お肌が信じられないくらいまろやかですべすべになる。


朝からお風呂!


しかも牛乳一本丸ごと入れちゃう!!


このささやかな贅沢感と多少の背徳感が
より一層気分を盛り上げてくれる。



私はさらにここに、ラベンダーの精油を一滴垂らす。


お湯の設定温度は低めの39度。


お気に入りの雑誌か多少濡れてもいい文庫本、
または防水加工してあるタブレットなどを持ち込んで、
ゆったりとしたバスタイムを楽しむ。


途中で水分補給したくなった時に備え、
レモンを搾った水も忘れずに。


1時間でも2時間でも、好きなだけ長湯して
たっぷり汗をかこう。



お風呂から上がったら、全身のお手入れ。


香りのよいボディクリームを全身にたっぷりと塗り、
ついでにマッサージも。


顔は当然、シートマスクでパック。


このときも、できれば前日に普段使いにはためらう程度の
高級シートマスクを買っておくといい。


私のお気に入りは、クレ・ド・ポーのマスクエクレルシサンか
SK-Ⅱのフェイシャルトリートメントマスク。


どちらも定価だと一枚1800円くらいするが、
エステに行ったと思えばお安いものだ。



この時点でお昼近くになっていたら、ランチタイム。


デパ地下のお惣菜をお皿にきれいに盛りつけ、
あるいはちょっと高級なレトルトを手早く用意。


私のおすすめは、成城石井のパスタソース。


中でも、クアトロフォルマッジは
チーズ好きなら悶絶ものの美味しさだ。


これにデパ地下サラダでもあれば、完璧!


なんなら、お昼からワインを飲む手もアリ。


ものすごく奮発したつもりでも、
合計1000円にも満たないだろうから、
外にランチを食べに行くよりずっとお値打ちだ。



ゆっくりランチを堪能したら、
読みかけの本を読んだり、DVDを観たり。


(ここでDVDを観たい場合は、
前日に借りておくべし!)


お昼ご飯にちょっとワインを飲んだりしていたら
途中でウトウトと眠くなるかもしれない。


そのまま、気持ちよくお昼寝してしまおう。



心地良い微睡みから目覚めたら、
ちょっと気怠い身体をぐーっと伸ばして。


まだ午後も早い時間だから、
自由時間はたっぷりとある。


私はこの時とばかりに、
冒険的なメイクにチャレンジしてみた。



YouTubeなどで「整形」「メイク」と検索すると
たくさんの動画がヒットする。


手持ちのメイク道具を駆使して
日頃したことがないテクニックに挑戦。


ちょっとしたアイラインの引き方、
チークを入れる位置、眉毛の描き方で
意外なほどでき上がりが違うことに驚く。



せっかくメイクをしたのだから、
ワードローブをひっくり返して、
一人ファッションショーをするもよし。


次のデートで何を着て行こうか。


女友達とのランチなら、この組み合わせもありかも。


時間を気にせず、コーディネイトを研究しよう。



そうこうする内に、
私感謝デーの終了時刻が近づいてきた。


美味しい紅茶かコーヒーと
昨日買って来たケーキで〆を。


子供たちのおやつにはシュークリームだけれど、
私のは期間限定の和栗のモンブラン。


子供たちにちょっと悪いな、と思いつつ
一人で食べるケーキの美味しいことと言ったら…(笑)!



朝9時頃から夕方5時頃まで、約8時間。


自分のためだけに使うゆったりとした時間は
どんな贅沢にも引けを取らない。


何も予定のない休日があったら、
ぜひ「私感謝デー」、トライしてみて下さい♪

<<恋愛忘備録>>いい依存、わるい依存〜その2〜

その1でご紹介した
「「察してほしい」という気持ちが人間関係に与える影響」
を読み、恋愛関係に置き換えて考えてみた。



人は誰かに恋をすると、
その相手に意識の大部分を集中してしまう。


特に我々女性は、その傾向が強いかもしれない。


「彼のことしか考えられない」
「彼は私のことをどう思っているのだろう?」


と四六時中考えるだけならまだしも、


「私がこれだけアナタのことを考えているのだから、
アナタも同じように考えて。


そして、私がアナタを好きという気持ちを察して
私が心地いいようにして。」


と知らない間に相手に要求してしまうのだ。


これは、この記事で言う『子供に特有の依存心(甘え)』
がもたらす心理だろう。



「毎日イヤというほど何度も連絡して」
「私が会いたいと思う時にすぐに会いに来て」
「しょっちゅう好き、愛してると言って」


恋をしている女性なら、
誰しもが言ってみたいワガママだと思う。


でも、これらは小さな子供が
「欲しいおもちゃ、全部かって〜!」
「食べたいおやつ、全部食べさせて〜!」
「遊びたい時に遊ばせて〜!」
というのと同じ、非常に幼い甘えだ。



真っ当な母親なら、
こうした子供のワガママを全部聞くことはない。


恋愛や夫婦関係においても、同じだと思う。


相手の未熟な甘えを全て聞いていたら、
相手を助長させ、成長を妨げることになるばかりか、
二人の間に健全な関係を築けないことになってしまう。



私は独身時代に付き合った男性のひとりと、
まさにこの「二者関係」に陥りかけたことがある。


その男性は極度のワガママで、
こうして、とお願いされたことを私が聞かなかったり、
自分が言ったことに対してちょっとでも反論しようものなら
すぐさま不機嫌になる。


当時は彼に嫌われたくない一心で、
言われたことは殆ど全て受け入れたし、
ちょっと違うんじゃないかな、と思うことも
揉めるのが面倒で肯定していた。



が、私が彼のワガママを受け入れれば受け入れるほど、
感謝されるどころか、ますますワガママ度に拍車が。


さらには、何でも受け入れる私を下に見て、
攻撃するようにさえなった。


ここに至って私は、
「この関係は間違っている」とようやく気が付く。


彼のワガママに振り回されるのに
ほとほと疲れていたこともあり、
スパッと関係を切れたのは、不幸中の幸いだっただろう。



その男性と付き合っていたときの私は、
「彼の全てを受け入れるのが愛情」
と思っていた。


しかし、これは大きな間違いだったのだ。



相手の全てを受け入れる、というのは
相手のワガママを全て聞く、ということではない。


相手がたとえ怒っても泣いても、
自分ができないことはできないと伝えること。


その上で、どんな状態であっても
相手の存在を受け入れること。


これが正しい「相互依存関係」なのだろう。



トシとの関係においては、
この「相互依存関係」が確実にでき上がっていると思う。


最初の頃は、私がワガママを言ったり
寂しいなどのネガティブな感情を
そのままぶつけたりしていた。


でも、トシは絶対に理不尽な要求は受け入れてくれない。


私がいくら「寂しい」と訴えても、

T:「その寂しさを埋めるのは、オレの役目じゃない」


などと言われ、余計凹んだこともあった。



ただ、トシはそんな私を見放すことはしなかった。


なぜそれがいけないのか、
どうして自分は受け入れられないのか、


必ずきちんと言葉にして
私が納得いくまで説明してくれた。



T:「多少無理すれば、
かすみのワガママを聞いてやることはできる。


でも、そうしたら、
かすみは今は満足するかもしれないけれど、
また同じことを繰り返すだろう?


人は、一度受け入れてもらったワガママは
二度も三度も受け入れてもらえる、
と思ってしまう。


そして、受け入れてもらえないと、
余計腹が立つし、さらに要求がエスカレートする。


その内、オレも受け止めきれなくなって
二人の関係そのものがダメになってしまうんだ。」



トシの言葉を聞いて、本当にその通りだと思った。


人はワガママを聞いてもらったとき、
その場では満足するかもしれないが、
同じワガママはまた聞いてもらえる、と勘違いする。


最初は相手に感謝しても、
その内、聞いてくれないと怒りが込み上げるようになる。


さらには、何でも言うことを聞く相手を
ないがしろにしたりさえするようになる。


これがいわゆる「共依存」の関係であり、
お互いが破滅に向かうことは必須だ。



今、彼にワガママを聞いてもらえなくて
悲しい思いをしているみなさん。


彼はきっと、
「恋愛のコドモ」レベルにいる私たちを成長させてくれる
「恋愛のオトナ」なんだと思いましょう(笑)!


私たちが「恋愛のオトナ」レベルに成長できたら、


「おたがいが心理的に自立したうえで、
対等に、ほどよく甘え合える関係」


つまり健康的な「相互依存関係」を
築けるに違いないのだから。