かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

最高の愛の言葉〜一周年記念(仮)に寄せて

トシと私が個人的にLINEのやり取りを始めたのは
去年の9月の半ば過ぎ。


初めて会ったのは、確かその翌週だったか翌々週だった、
と思う。



実は私は、日付を覚えるのがものすごく苦手。


自分の結婚記念日ですら、
「あれ?16日だったっけ?17日かも?」
と毎年迷うくらいなのだ。


だから、「出会った記念日」「初キス記念日」
などの正確な日付を忘れ、
彼女や奥さんに叱られる男性の気持ちが
非常によくわかる(笑)



ということで、トシと初めて会った
正確な日付は忘れてしまったので、
覚えやすく10月1日を
「出会い記念日(仮)」にすることにした。


トシは私を上回るアンチ記念日主義者なので、
T:「絶対忘れるよ(笑)」
と言われてしまったけれど…。



そして昨日が初めての「出会い記念日(仮)」


夜、トシへのLINEで、


K:「一応、今日は私が勝手に決めた
「出会い記念日」だよ(笑)


この一年、有り余るほどの幸せをありがとう♪」


と送ってみた。


T:「まだかすみと知り合って
1年しか経ってないなんて、
信じられないなぁ。


もう5年も10年も一緒にいる感じだ。」


K:「それって、もう新鮮さがないってこと?!」


T:「違うよ、それだけかすみと一緒にいることが
オレにとって自然だってこと。


かすみがいなかったらオレの人生、
どんなにつまらないものだっただろう、と思う。


出会えたことに心から感謝してるよ。」



トシと巡り会えたこと、
そして愛し愛されるようになったことは
私にとっても人生一番の奇跡。


トシがいない人生なんて、
私にはもう考えられない。



K:「2年目も3年目もその先もずっと、
よろしくお願いします!


トシのこと、心から愛してる♪」


T:「オレの気持ちはもう
愛してるじゃ足りないくらいだ。


愛してる以上に
かすみへの思いを伝える言葉があればいいのに、
と思うよ。」



この世で一番愛する男性に、
この世で一番素敵な愛の言葉をもらえる私は、
きっとこの世で一番幸せな女だろう。

本を読む女

私は本が大好きだ。


三度の飯よりも、と言うと大げさかもしれないが、


この先一生新しい食べ物が食べられない人生と、
この先一生新しい本が読めない人生


どちらか選べと言われたら、
迷わず前者を選ぶ。



両親も祖父も本を読む人たちだったので、
実家はいたるところに本が置いてあった。


本棚にはもちろん、
ソファやベッドのサイドテーブル、
テレビの横のラック、
ダイニングテーブルの片隅、
車のドアポケット、などなど。


手を伸ばせばそこに本があるのが当たり前だったし、
おもちゃやゲームはダメでも、
本だけは望めばいくらでも買ってもらえた。


そんな環境に育ったせいか、
記憶にないくらい小さな頃から、
本は私の一番の友達だったのだ。



覚えている限りで一番最初に夢中になったのは、
世界少年少女文学全集。


小公女、小公子、ガリバー旅行記、
十五章年漂流記、家なき子、フランダースの犬、
アルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、三国志


これらの本たちは、
私に行ったこともない見たこともない物語の世界に
どっぷりと浸り、思う存分想像する喜びを教えてくれた。



小学校に上がると、推理小説に目覚める。


怪人二十面相、怪盗ルパン、シャーロック・ホームズ


彼らがこの頃の私のヒーローたち(笑)


その内、怖いもの見たさで金田一耕助シリーズに手を出し、
そのあまりの恐ろしさに夜眠れず泣いたことも、
今となってはいい思い出だ。



中学高校時代は、主に海外の有名な作家の推理小説に夢中になった。


エドガー・アラン・ポー、エラリー・クィーン、アガサ・クリスティ、
スティーブン・キング、レイモンド・チャンドラー


これらの作家の現存する作品は全て読んだが、
アガサ・クリスティの『カーテン〜ポアロ最後の事件〜』だけは
大好きなポアロとお別れをするのが悲しくて、
未だに読めないでいる。



大学時代以降は、とにかく興味を惹かれた本ならなんでも
手当たり次第読み漁っている。


推理小説が好きなのは変わらないが、
恋愛小説も時代小説も大河小説も読むし、
事実は小説より奇なり、
と思わせてくれるノンフィクションも大好きだ。


暇な時間があればとりあえず本を開くので、
本の内容やボリュームにもよるが、
平均すると週1〜3冊、
年間100冊くらいの本を読んでいる計算になる。



そして私が心を惹かれる男性は、
必ずと言っていいほど「本を読む人」だ。


好みのジャンルは違っても、
「本を読む人」とはどこか通じるものがある気がする。


当然、トシも本を読む。


忙しい人なので、私ほど量を読み散らかすことはしないが、
それだけ厳選された本をしっかりと読んでいるようだ。


たまにトシから今読んでいる本の話を聞くと、
同じ本を読みたくて、
すぐにAmazonの注文ボタンを
クリックしている自分がいる。



ある日のデートでのこと。


ベッドで熱いひとときを過ごした後、
抱き合ったまま二人ともウトウトしていた。


先に目が覚めた私は、そっとトシの腕の中から抜け出し、
バッグの中から文庫本を取り出して
再びトシの横に潜り込む。


ベッドサイドの灯りをほんの少しだけ明るくして
文字を追い始めると、たちまち心は物語の世界へ。


背中に愛する人の温もりを感じながら、
大好きな本の世界に浸る幸せ。


まさに至高の読書環境だ。



夢中になってページをめくっていてふと気が付くと、
トシが優しいまなざしで私を見つめていた。


K:「あ!起きてたの?」


T:「ベッドでウトウトしてて目が覚めたとき、
スマホ触っている女はたくさんいたけど、
本を読んでいる女はかすみが初めてだな。」


K:「ゴメン…!」


T:「謝らなくていいよ。


やっぱりかすみは特別な女だと思ったし、
そんなところが好きなんだから。」



もし
この先一生新しい本を読めない人生と、
この先一生トシと会えない人生


どちらか選べと言われたら、迷わず前者を選ぶからね!
(多分…(笑))

私、待つわ♪

昨日の午前中のこと。


家事が一段落した後にふと携帯を見ると
LINEメッセージの着信を知らせるランプが点いていた。


日中のこの時間帯にLINEをくれるのは、
大概はママ友。


ランチのお誘いかな?と思いつつLINEを開くと、
意外にもトシからのメッセージだった。



トシが仕事中にLINEをくれるなんて、
付き合って1年になるが一度もなかったこと。


珍しいな、と思って開くと、
T:「明後日、帰ります」
と絵文字も何もない一言だけのメッセージが。



9月の第二週から
トシは日本海側の某県に出張中だ。


当初は2週間の予定だったのに、
先方との行き違いで作業が思うように進まず、
「9月中に帰れたら御の字だ」と
出張の延長を告げられたのが先々週の金曜日。


正直、いつ帰って来るのか知りたい気持ちはあったけれど、
私の方から聞くことはしないでおこう、と決めていた。


出張が長引いて一番困っているのはトシなんだし、
そこで私がせっついたところで何一ついいことはないからだ。



そして昨夜、電話をしたとき、
K:「トシが仕事中にLINEくれるなんて初めてだったから、
ビックリしたよ。」
と言うと、


T:「帰れる日が決まったから、
真っ先にかすみに知らせたかったんだ。」
と。


K:「絵文字もなかったから、
仕事の合間に急いで報告してくれたんだな、
って嬉しかったよ。」


T:「打ち合わせの途中だったんだけど、
とにかく知らせなきゃ、と思って。」


大慌てで携帯を打っているトシの姿が目に浮かび、
心が温かくなった。



T:「オレの出張が延びても怒らず、
一体いつ帰って来るの?と責めもしないで
黙って待っててくれて、本当にありがとう。」


K:「だって、私が怒ったって仕方ないでしょ?
出張が延びて一番困っているのは、トシなんだから。」


T:「そうなんだけど、それができる女は滅多にいないよ。


男だってバカじゃないから、彼女に寂しい思いをさせてるな、
ってことは十二分にわかってる。


それでも仕事を優先しなくちゃいけないときに
泣かれたり責められたりするほど、
情けない気持ちになることはないんだ。


かすみが毎日「頑張って」とLINEくれて、
電話をすればいつでも笑っててくれて、
オレがどれだけ救われたか。


改めて、かすみほどいい女は他にはいない、と思ったよ。」



待つ身も辛いけれど、相手に思いがあればあるほど、
待たせる身も同じくらい辛いのだ。


そこにさらに追い打ちをかけるようなことをしないで、
本当によかった、と思った。



T:「帰ってからもしばらくバタバタするけれど、
必ず時間作るから。」


K:「うん、楽しみに待ってるね!」


T:「かすみ、愛してるよ。」



トシが私に与えてくれる愛の前では、
私のちっぽけな寂しさなんて吹けば飛ぶ程度のもの。


トシのためなら、私、いつまでも待つわ♪