かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

夏なんて、大キライ!

トシは屋外で過ごすことが主な仕事をしている。


専門的なことはわからないけれど、

日本でその作業ができる資格を持っているのは

ほんの数名らしい。


そしてトシはその資格を生かして

自分で会社を立ち上げ、

十数名の社員さんを雇う経営者でもある。


「オレは社長だ!と

椅子に踏ん反り返っているような経営者にはなりたくない。


俺の元で働いてくれてる社員たちには、

少しでもいい暮らしをさせてやりたいんだ。」


と、以前熱く語ってくれた。


その言葉通り、

トシは現場での作業にも必ず参加し、

社員さんたちといっしょに

汗まみれになって働いている。


さらに、事務員さんを雇うとそれだけ

人件費が嵩むから、

だったらその分社員たちに分けたい、

と、事務作業はトシが全て引き受けている。


しかも夜の作業もあるため、

昼夜通して働くこともしょっちゅう。


この夏は特に仕事が多く、

今週は昼夜昼夜昼夜と三日連続

通しで働く、って‥‥。


それって、人間の限界超えてない?!


と私が心配すると、


「ま、どうにかなるよ。


ならなかったら倒れるだけだ。」


と笑うトシ。


そんな文字通り身を削るようにして働いているトシに、

会えなくて寂しい

だなんて、言えるはずもない。


私にできるのは、

常に笑顔で穏やかな気持ちでいること。


ほんの少しでも隙間時間ができたら、

絶対私のために時間を空けてくれるはず。


それが分かっているから、

待っていられる。


でも。


トシを疲れさせる、この湿度と気温が憎い。


夏なんて、大キライ!!

配偶者への責任

トシも私も、

お互いをこの人生で最後の恋人だと決めている。


決めているだけではなく、

心から信じているから、

相手の気持ちがどこか他所へいってしまうのでは?

という懸念は全くない。


そして、家族への責任は最後まで全うすべき、

という考え方も同じ。


お互いに配偶者とは、

男女の愛ではなく、

家族としての情の部分で繋がっている。


トシのお子さんたちはもう成人して

経済的にも自立しているが、

親として子供に対する責任もある。


今現在お互いが所属するこの家族は

どんな手を尽くしたとしても

もう変えることはできない。


トシがどんなに素敵な男性であっても、

私の子供達の父親は

今の夫しかあり得ないし、


私もまた、

トシのお子さんたちのお母さんには

絶対になれない。


万が一全てを放り出し、

相手への激情だけで一緒になったとしても

100%の幸福を得られないことは

火を見るより明らか。


そして、

家族としてお互いの配偶者と暮らしていく以上、

悪口を言わないことも

お互いの暗黙のルールになっている。


私は、

配偶者の悪口を言う男性を信用しない。

(愚痴ならOKだけれど。)


一度は共に人生を歩もうと

自ら選んだ相手を悪く言うことは、

自分自身を貶めることと同じだと思うから。


確かに、

自分の好きな相手が配偶者に対して、

悪感情を持っていることを知ることで

女としての優越感に浸れるだろう。


二人して相手の、

あるいは自分の配偶者の悪口を言うことで、

連帯感すら生じる可能性もある。


でも、私は愛する人と、

そんなマイナス感情で繋がっていたいとは思わない。


二人の間を繋ぐ感情は、

極力ピュアで美しいものであって欲しいから。

毎日届く愛

去年の秋にトシと知り合って、

10ヶ月近くが経とうとしている。


あっという間だったように思えるけど、

ひとつひとつの出来事を思い返すと

日々の重みを感じたり。


あまり物事に動じない私だけど、

(トシには天然と言われてる(笑))

それなりに浮き沈みもあった。


それでもトシの私に対する愛だけは、

一度も疑ったことはない。


多くの婚外恋愛中の方々のブログを読むまでもなく、

こうした関係で100%相手の愛情を信じられるのは、

かなりレアなことなんだろう。


それは私が単純で信じやすい性格だから、

というだけではなく、

トシが言動で私への愛をあますところなく伝えてくれるから。


その一つが、出会った時から一日も欠かすことなく届く、

LINEメッセージ。


最初の頃のように、

夜数時間もやり取りすることはさすがにしなくなったけど、

朝晩の

「おはよう」

「おやすみ」

の挨拶は必ずある。


それ以外にも、日中仕事の合間に

一言二言メッセージをくれることも。


「仕事中は、女のことなんて全く考えない」

なんて言ってたくせに(笑)


それだけ、トシの心の中で

私が占める割合が大きい、

ってことなんだよね?


今日も私の仕事が終わるタイミングで、

電話をかけてきてくれた。


ほんの数分だったけど、

トシの声を聞いただけで、

心がほんわり暖かくなり、

仕事の疲れもどこかへ吹き飛んでしまう。


「かすみは俺の最後の女だから。


俺から離れることは、絶対にない。」


その言葉を無条件に信じられる私は、

この上なく幸せだと思う。