かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

姫と殿

昨日は中秋の名月。


記念日は全く気にしない私だが、
季節の行事はできる限り
生活に取り入れることにしている。


と言っても、白玉粉で簡単に
なんちゃって月見団子を作り、
里芋の衣被ぎを夕飯の一品に出した程度だけど。



今朝、トシとの電話で中秋の名月から
月→かぐや姫と話題が移行。


K:「考えてみたら、かぐや姫って
究極のワガママ女だよね。」


T:「確かにな。」


K:「でも、この女のためなら
何でも言うこと聞いてやりたい!
ってレベルの美貌を持った女性って、
男性の理想じゃないの?」


T:「キレイな人を見たらキレイだな、
とは思うけれど、
キレイだから何でもしてやりたい、
なんてオレは思わないよ。」


K:「かぐや姫レベルの美人でも?」


T:「オレにとって、姫はかすみ一人だから
他は目に入らない。」



そういえば、トシはたまに私のことを
ふざけて「姫」と呼ぶ。


T:「姫、こちらへどうぞ!」


と助手席のドアを開けながら言われたときは
自分のことだとすぐにわからず、
一瞬止まってしまった。


何しろ、50年近く生きて来て、
私を「姫」などと呼ぶ人は今まで皆無だったから。



他にもLINEで
T:「オレのお姫様は、今日もご機嫌麗しいかな?」
と書いてくれたり、


コンビニで飲み物を選ぶ時に
T:「姫、何になさいますか?」
と尋ねてくれたり。


トシに「姫」と呼ばれると、
くすぐったいような面映いような気持ちになり
ついニヤニヤしてしまう。



もし、この記事を読んでいる
男性の方がいらっしゃったら、
ぜひ奥様なりパートナーなりを
「姫」とか「お姫様」と呼んでみることをおすすめする。


「姫」じゃなくても、
「ハニー」でも「ダーリン」でも、
普段名前を呼んでいないなら名前でもいい。


最初は抵抗があるだろうから、ふざけた感じで、
例えば、「○○姫、新聞とって!」など
普段の会話にさりげなくプラスしたり。


日頃と違った呼び方をされると、
女性はドキッとして、同時に心が浮き立つのだ。



K:「私が姫なら、トシは殿だね♪」


T:「殿扱いしてくれるの?」


K:「もちろん!
今度会ったら、殿、お背中流しましょうか?
とか
殿、お飲物はいかがですか?
とか、
かしずいてあげる♪」


T:「じゃあ、あれもやって。
殿、おやめ下さい〜!
ってヤツ。」


K:「あ〜れ〜!って言いながら、
帯をクルクルーッていうの?」


T:「そうそう(笑)!」



ふ〜む、次回のデートは和服で行くか?!
(ちなみに着付けの免許持ってます♪)

0.1mmの衝撃

いきなりだが、私は体毛が薄い。


手足は剃らなくても
産毛程度なので殆ど目立たないくらい。
(脇は永久脱毛で処理済み。)


女子としてはムダ毛処理の手間が省けて
大いに喜ばしいことではある。



が、一つだけ恥ずかしいのは、
アチラの毛も薄いこと…。


こちらは一応あるにはあるのだが、
毛自体が細くて柔らかい上に、
生え方にも勢い(?)がないので、
何とも貧相なのだ。


若い頃は温泉などに行くと、
密かに他の女性たちの股間をチラ見し、
黒くてみっしりと生え揃った下の毛を見ると、
羨ましくなったものだった。


(念のため、ソッチの趣味はありません(笑))



トシと初めて身体を重ねたとき。


私の全身を優しく撫ぜながら


T:「肌がスベスベで、すごくキレイだ。
いつまでも触っていたい…。」


と耳元で囁かれ、心も身体も蕩けそうになった。



しかし、トシの手が足の間に近づいてくると、
俄に不安な気持ちが押し寄せてくる。


K:「あ、あの…!」


T:「なに?」


K:「えっと、私、その、体毛が薄いの…。」


T:「腕とか足にも、毛穴全然ないもんね。」


K:「それはいいんだけど、その、そっちも…。」


T:「ん?どこのこと?…ここ?」


躊躇する私の手を押しのけ、
トシの指先が私の秘めた部分に触れる。


T:「確かに薄めだけど、全然気にならないよ。
むしろダイレクトに感じられて、素敵だ…。」


そのトシの言葉を聞いて、全ての抵抗を手放した。



その後何度かの逢瀬を重ね、
お互いの身体にも慣れて来た頃。


T:「かすみさ、
そこの毛が薄いことを気にしてるんなら、
いっそなくしちゃえばいいのに。」


K:「全部?!」


T:「オレはあってもなくてもどっちでもいいけど、
もしかすみにここの毛がなかったら、
本当に全身ツルツルになるな、と思って。」



そう言われたら、試すしかない!


いきなり永久脱毛はハードルが高かったので、
ブラジリアン・ワックスでVIO脱毛することに。


実は私は以前にもアメリカで
ブラジリアン・ワックスは経験済みだったので、
全く抵抗はなかった。


(ブラジリアン・ワックスに関しては、
なかなか面白いエピソードがあるのだけれど、
またそれは次回のお楽しみに…。)



そして、文字通り全身ツルツルになって初めてのデート。


まず見た目がトシにもインパクトがあったらしく、
T:「すごい…。
ちょっと足を開いただけで、丸見えだよ。」
と。


その時点で私の足の間は大洪水だったのだが、
遮る物がないため、全体が濡れて光って見え、
それもまた淫靡だったらしい。


そして私の方も、
トシの指や舌の感触がダイレクトに伝わる分、
いつもより数倍強い快感に襲われた。



さらに、トシが私の中に入って来たとき。


痙攣するほど衝撃的な快感が
私の身体を走り抜けた。


私の中にいるトシだけでなく、
二人の皮膚が触れ合っている部分全体から
痺れるような感覚が生じるのだ。



K:「な、なに、コレ…。ダメ…!」


あまりの快感に怖くなった私は
トシの身体に必死にしがみつく。


T:「大丈夫だから…。もっと気持ちよくなって。」


トシが重なり合う部分を擦り合わせるように動くと、
全身が粟立ち、私の意志と関係なく痙攣する。


昇り詰めた快感が鎮まる前に
次々と大波に襲われる。


どこからどこまでが絶頂の切れ目なのか
わからないくらい何度も何度も翻弄されて。


汗ばんだトシの身体の重みを全身で受け止めたときには、
半分意識を失った状態だった。



日本人の髪の毛の太さは、
「0.05~0.15mm」と言われている。


アチラの毛は髪の毛よりは太めだから、
およそ0.1mm程度だろうか。


その0.1mmがあるとないとで、
これほど感覚に違いがあるとは…。


やってみなくてはわからないものである。



トシとの間には、もう0.1mmの障壁すら要らない。


毎月ブラジリアン・ワックスに通うのも面倒なので、
現在私はレーザーによるVIO脱毛に通っている。


今月で3回目だが、無毛状態まであと一歩というところ。



ただ、レーザーは黒色に反応するので、
数本ある白髪だけはどうしても残ってしまう。


T:「全くの無毛状態に白髪が数本、
っていうのも、枯山水の趣があっていいかも♪」


と、マニアなトシは
楽しみにしているみたいだけれど(笑)

ステージを楽しむ

婚外恋愛の辛さの一つとして、
「先が見えない不安」があると思う。


お互いが独身であれば、
当然ゴールは「結婚」だ。


そこへ至る前に別れてしまう、
あるいはどちらかにそこまでの気持ちがない、
というケースもあるだろう。


しかし、達成できるかどうかはわからなくても
ゴールが設定されている、ということは、
明白な指標となることは間違いない。



婚外恋愛の場合、
殆どのケースではまず家庭ありきのため、
「結婚」というゴールを
ハッキリと掲げることは難しい。


もちろん、いずれは一緒になりたい、
と願っているカップルは多いと思うが、
独身同士のようにいつ頃、
という明確な日時は決めにくいだろう。



また、一緒になる前に
乗り越えなくてはならない
ハードルの高さと数も、
独身同士とは比較にならない。


「いつか一緒になろう」というのは、
婚外カップルの場合、目標というより願望、
あるいは夢といった方がいいのかもしれない。



でも、逆に言えば、婚外恋愛は
結婚と言うゴールがない、あるいは曖昧な分だけ、
恋人同士というステージを長く楽しめる、
と考えることもできる。


どんなに愛し合っているカップルであっても、
出会った当初のドキドキや緊張感は
同じ相手とはもう味わうことはできない。


それはその期間限定の特殊な心理状態であって、
永遠に続くものではないから。



同じように、もし様々なハードルを乗り越えて
一緒になることができたとしたら、
次に待っているのは、生活のステージだ。


毎朝大好きな人の顔を見て一日が始まり、
誰はばかることなく堂々と一緒に外を歩くことができ、
夜は毎晩、大好きな人の体温を感じて眠りにつく。


その安定した幸せの代わりに、


会いたくて会いたくて堪らない時期を過ごした後
好きな人に会った瞬間の
全身の細胞が震えるほどの喜び、


彼から届くほんの一言で、
心に羽が生えたように浮き立つ瞬間、


彼のことを思うだけで、
胸が痛くなるほどの切なさ、


こうした恋の醍醐味は、手放さざるを得ない。



もちろん、不安より安心の方がいいに決まっているし、
ドキドキや切なさを手放しても、
愛する人と毎日一緒にいられる方が何倍も幸せだろう。


でも、現時点ではどうしたって叶わないそうした生活と
今の状況を比べて悲観するのは勿体ない気がする。



今、トシと私は恋愛のステージにいる。


大好きな人と手と手を取り合って
このクネクネと入り組んだ恋愛道を探検する喜びは
今しか味わえない貴重なもの。


たまに落とし穴があったり、
キケンな動物が飛び出してきたりするかもしれないけれど、
二人でいたらヘッチャラだ。


そして運良く「一緒になる」というゴールにたどり着けたら、
二人で一緒に次のステージの扉を開けばいい。


または、このまま二人で一生恋愛ステージを楽しむのも
幸せなことに違いない。



長い人生の中には、他にも色々なステージがあるだろう。


今はトシが激務でなかなか思うように会えないが、
その内暇になって、
四六時中会えるステージがやってくるかもしれない。


どちらかが健康を損なって
会えないステージがあるかもしれないし、
二人揃って100歳近くまで元気で、
一緒に老人ホームに入るステージ(?)
があるかもしれない。



どんなステージにいたって、
その状況を受け入れ、
そこで得られる幸せを大切にする。


そうできたら、きっと一生
「幸せな二人」でいられることは間違いないだろう。