かすみ草の恋

アラフィフの今、出逢ってしまった運命の人。
お互い家庭がありながらも、最後の恋人として大切に愛を育んでいます。

一週間早いバレンタインデート

今日は、トシとデートだった。


一昨日、トシとのLINEのトーク画面に
『一週間早いバレンタインデート』
というイベントが突然掲示された。


LINEでイベントカレンダーが
作成できることは知っていたけれど、
実際に見るのは初めて。


トシらしいデートの誘い方に、
思わずクスッと笑ってしまった。



ただ、今週は息子の私立高校受験の週。


今日明日明後日と3日間、
試験会場まで朝送迎しなくてはならない。


いつもなら9時半には会えるのに、
今回は11時の待ち合わせになってしまった。


私たちにしては珍しく(?)
5時間ほどの短時間逢瀬。


それでも会えないよりはずっといい。



T:「息子が受験頑張ってるときに
悪いお母さんだね〜(笑)」


K:「だって…。会いたかったんだもん!」


T:「息子に悪いことしてる、って
罪悪感ある?」


K:「全然ない(笑)
朝4時起きでお弁当も作ったし、
試験会場までちゃんと送迎したし、
母としての勤めはちゃんと果たしたよ。」


T:「いや、私がこんなことしてると
息子が落ちるんじゃないか、
なんて余計な心配するかと思って。」


K:「息子の試験は息子の力次第でしょ。
私が試験中何してるかなんて、関係ないじゃない?」


T:「さすが、かすみ!
そういう風にいい意味で
自分と他の人を分けて考えられるところ、
好きだな。」


と、またまたヘンなところで「好き」をゲット(笑)



今年のバレンタインのチョコは、
私が食べたかったパティスリー・サダハル・アオキのチョコと、
トシが好きなラムレーズンを使ったチョコ。


この2つは、三越のサロンド・ショコラで購入した。


バレンタインシーズンにチョコレート売り場で
どれにしようかとあれこれ物色するのは
女子ならではの楽しみだ。



そしてオマケとして
ベビーチョコとアポロチョコの小袋を5個ずつ。


これは、トシと電話で話しているときに


T:「オレ、本当のことを言うと
チョコで一番好きなのはベビーチョコとアポロ、
それからm&mなんだよね。


高級パティシエのチョコは、
その場は美味しいなと思うけど、
毎日食べたいとは思わない。」


という話を聞いたから。


ちょっとしたサプライズとジョークの意味を込めて
スーパーで小分け用に売っている小袋を
可愛くラッピングして渡した。



T:「うわ〜、これ、最高!
ウケるし、嬉しいよ♪」


ラッピングを開けて
ベビーチョコとアポロがこぼれ出た瞬間、
トシが歓声を上げて大笑いしてくれた。


T:「かすみのこういうセンス、
ホント最高だなぁ!」


作戦、無事成功♪



二人でアオキのチョコを半分こ。


棒状のチョコだったので、
お互い両端から食べる、
というベタな演出で(笑)


チョコがなくなると同時に、触れ合う唇。


同じ甘い味のする舌を絡め合って。


チョコより甘く、濃厚なキスに
身も心も蕩けていく。



いつもより短めの逢瀬だったけれど、
しっかりトシを充電できた。


毎回私の電池が切れる前に
こちらが何も言わなくても
必ず時間を作ってくれるトシには感謝しかない。

120%の信頼と無限大の愛情

先日、あるブロガーさんとコメントの中で
信頼についての話になった。


細かい内容は忘れたが、
私が彼のことを120%信頼している、
と書いたら、


「どうして彼をそんなに信頼できるか、
また教えてくださいね」
とお返事を下さったのだと思う。



私はトシのことを頭から丸ごと、
信頼している。


トシが私のことを愛してる、
と言ってくれたのだから、
私は愛されているのだ、
と自信を持って言うことができる。


たまにマイナス感情が涌き上がって
どれくらい好きでいてくれるんだろう、
などとグジグジすることはある。


でも、「愛されていないんじゃないか」
とは一度も思ったことはない。



なぜそんな風にトシの言葉を
120%信頼できるのだろう?


元々私は人を信じ易い質ではなるが、
それだけではないと思う。


ひとつには、トシが有言実行の人だから。


一度口にしたことは
どんな些細なことも絶対に守る場面を
何度か目にして来た。


だから、トシが言ったことは絶対なのだ、
と無条件に信じられる。



またトシはいつでもどっしりと構えていて
小さなことで揺れたりもしない。


T:「オレは一度好きになった相手のことを
簡単に嫌いになったりしないよ。


長く付き合えば、
合わない部分も出て来るかもしれない。


でも、イヤだな、と思うことがあったとしても、
それはお互い様でしょ?


それもこれもひっくるめて、その人なんだから。


もしかすみに対してイヤだと思う部分があったら
ハッキリ言う。


何も言わずに離れるなんて卑怯なことは
絶対にしない。」


この言葉を聞いて、
この人には私のすべてを
さらけ出していいんだ、と改めて思った。



さらに、私に対する態度や言葉だけでなく、
仕事や周りへの姿勢も、
トシへの信頼を深める要素になっていると思う。


トシは中小企業を経営する社長さんだが、
社員の人達と同じように現場にも出るし、
夜勤もこなす。


人をひとり雇って人件費がかかるくらいなら
その分今いる社員に一円でも多く給料をあげたいから、
と、書類仕事から図面引きまで、
すべて自分でやっている。


自分を信じて付いて来てくれた人のことを常に考え、
自分より周りの人たちの幸福を優先しているのだ。


そんな姿を見ていて、
私もトシについていけば間違いない、と確信した。



以前にも記事にしたことがあるが、
結局のところ信じる信じないは
自分の心が決めるものだと思う。


どれだけ愛の言葉をもらおうと、
会いたいと言えば必ず来てくれようと、
口先だけなのでは、その場限りなのでは、と
相手の気持ちを疑えばキリがない。


言葉や行動で100%の信頼を示すことなど
無理なのだから。



それならば、頭から丸ごと、相手を信じる方が
ずっとラクだし幸せだ。


信じるに足る人だと自分が思ったのなら、
それで十分。


人を信じるのに、本当は理由なんて、
いらないのだと思う。

男役と娘役

先日、「王子様と王様」というタイトルで
男性を2タイプに分けた分析をしてみた。


その記事を読んでリブログして下さったり、
ご自身のブログでも取り上げて下さる方もあり、
大変光栄に思った。


お顔も知らない方々だけれど、
このようにあるテーマに沿って意見を言い合うと、
ある種のディベートをしているような感じがして
とても面白い。



さて、男性だけ分析するのも申し訳ないので、
今回は女性を2タイプに分けてみよう。


最初は、「王子様と王様」に対応して
「お姫様と女王様」にしようかと思った。


が、どうもそれだとしっくり来ない気がする。


そこで思いついたのが、宝塚の「男役と娘役」だ。



女性の「こうであって欲しい」
という男性の理想像を具現化した男役は、
言わずと知れた宝塚の花形スター。


ベルバラのオスカル、
と言えば宝塚を知らない方でも
イメージし易いかもしれない。



この「男役タイプ」は、
基本的にサバサバしていて姉御肌。


チャレンジ精神、好奇心共に旺盛で
男性顔負けにバリバリ仕事をこなす。


人から頼まれるとつい何でも引き受けてしまう
お人好しで面倒見がいい部分もある。


弱音を吐くことが苦手で、我慢強い。


そのため甘え下手頼り下手でもあるが、
実は人一倍甘えたいと思っている。



恋愛傾向で言えば、
自分より明らかに強い、と認める男性に
惹かれることが多い。


あるいは逆に、守ってあげたい
と思える男性に惹かれるケースも稀にある。


そんなに簡単に人を好きにならないが、
好きになったらとことん一途。


意外と簡単に彼色に染まり、
相手に尽くしてしまうのも、
男役タイプの特徴だろう。



一方「娘役タイプ」は、
綺麗なドレスを優雅に着こなし、
穏やかな微笑みを絶やさないイメージ。


ふんわりとした優しい雰囲気、
あるいはパッと人目を惹く
華やかな雰囲気の人が多い。



人を立てることが上手で、
決して出しゃばることはしない。


そっと相手のサポートに回ることができる
いわゆる縁の下の力持ちタイプだ。


当然、甘え上手でもある。


頼んでもいないのに、八百屋のおじさんに
リンゴを一個オマケにもらえるような人は、
完全に「娘役」タイプだろう。



恋愛においても、相手に上手に甘えられるので、
男性からは目の中に入れても痛くないほど
可愛がられる。


多少のワガママも受け入れてもらえるし、
相手の男性から尽くされることが多い。


反面、構ってちゃんでもあるので、
少しでも連絡が途絶えたり相手の態度が素っ気ないと
不安のどん底に突き落とされる。


言葉での愛情の確認に重きを置くのも、
こちらのタイプだと思う。



私は基本は、男役度8割:娘役度2割、
といった感じ。


よく「女にしておくのは勿体ない」
とか「男前だね!」と言われるのは、
普段は男役の面を前面に押し出しているからだろう。


(女としてこれは褒められているのかどうか、
という疑問は残るけれど…(笑))


トシに対して言えば、娘役度がもう少しアップし
7:3、いや、6.5:2.5くらいかも?!


トシと一緒にいると、女の面が否が応でも
引き出されるからだ。



男役、娘役、どちらがいい悪いということでもない。


また、誰しもがどちらの面も持っているし、
状況や付き合う相手に寄っても
割合が変わることもあるかもしれない。


自分の基本的性質がどうなのか、
またパートナーから見てどう思われているのか。


相手の「王子度」「王様度」と合わせて考えてみると
面白いのではないか、と思う。